日焼けしにくい人と日焼けしやすくなっている人は何が違う?

日焼けしにくい人と日焼けしやすくなっている人は何が違う?

どうして人によって日焼けしやすい人とそうではない人に分かれているのでしょうか?これはメラニン色素が深く関わっているのですが、そもそもメラニン色素というのはどのような存在なのでしょうか?人間の肌を紫外線などから守ってくれるための成分になっているのですが、このメラニンがどのように作用をしていくのかによって、日焼けをしていくかどうかも変わってくるのです。

 

日焼けについてですが、日焼けは紫外線B波といわれる紫外線によって肌で炎症が起きてしまうサンバーンと言われる種類と、紫外線A波で炎症が起きてしまうサンタンに分かれています。

 

一般的に日焼けしやすいと悩んでいる人というのは、日に当たると黒くなってしまいやすいものなのですが、これは肌が弱いからというわけではありません。むしろ体の機能がちゃんと働いていて、肌を守ってくれているという表れです。反対に赤くなるものの黒くならない肌の方がじつは危険なのです。

 

メラノサイトと言われる細胞が、肌の奥にあるのですが、このメラノサイトによってメラニンが作られています。紫外線を浴びると、表皮の細胞が信号を出して、その信号を受けたメラノサイトが肌を守るために活発にメラニンを作り出していきます。正確にはメラノソームと言われる部分で作られているのですが、このメラの色素が作られることによって、黒い色素で紫外線が入り込まないようにして紫外線によってDNAが破壊されないように保護をしているのです。

 

日本人女性で白くて綺麗な肌を目指しているという人は多いのですが、肌が白いということは、メラニンの生成量が少なくなってしまっていて、紫外線から肌をしっかり守ることが難しくなってしまっています。ですので、光によって老化しやすくなっていますし、シミやシワ等のような肌トラブルになりやすいのです。反対に、日焼けをしたらすぐに肌が黒くなってしまうという人は、それだけメラニン色素が肌を守ってくれているということになりますので、光老化の現象が生じにくいのです。

 

日光によってすぐに肌が赤くなってしまっている人というのは、黒く変色をしないですので、肌にあまり負担をかけていないと考えるかもしれません。ですが、十分に肌を紫外線から守ることができていないということになりますので、ちゃんとUVケアをしたり、なるべく紫外線を浴びないようにしておかなくては、シミ等のような問題が生じやすくなってしまうだけではなく、皮膚がんの発症率も高くなってしまいますので注意しましょう。

 

実際のところ、日本人と比べると白人というのは皮膚がんの発症率が100倍高いと言われています。