日焼けをしてしまった時にはどんな対策をしておくべき?

日焼けをしてしまった時にはどんな対策をしておくべき?

日焼けをしたら暫くの間、痛みを感じてしまっていて、ちょっと触れるだけでも相当痛みを感じたりするということもあります。そして、日焼けをしすぎてしまって水ぶくれになってしまったり、皮が剥がれてしまったりすることもあるのですが、これは強い日差しによって肌がやけどをしてしまっていることが原因になっています。

 

ですから、かなり肌が敏感になってしまっている状態ですから、いつも以上に慎重にケアをしていかなくてはなりません。肌がやけどをしてしまっている状態になっているわけですから、直ちに肌をクールダウンさせることが大切です。濡れタオルや氷嚢などを使って、日焼けしてしまっている箇所を冷やすようにしましょう。

 

たまに、シャワーで体全体をクールダウンさせようとしている人もいるのですが、シャワーで冷やすのであれば水圧に注意をするようにしましょう。水圧が強いと肌に強い刺激を与えてしまい逆に悪化してしまう危険性もあります。

 

なお、外出をするときに日焼け止めを使っているという人も多いと思いますし、化粧をしているという人がほとんどでしょう。化粧にしても日焼け止めにしても、長時間肌に塗ったままの状態だと、それだけ負担をかけてしまっているということになります。ですので、家に帰ったらすぐに、肌に塗った日焼け止めや化粧を落とすようにしてください。

 

なお、日焼け止めなどを落とすときには、あまり刺激があるクレンジング剤などを使わないようにしてください。日焼けをしてしまっていて刺激に弱くなっている敏感肌の状態になっているわけですから、刺激が弱い石鹸などを使って力を入れずに洗い落とすようにしましょう。W洗顔をしなくてはならないのであれば、クリームやミルクタイプなっているものを使ってクレンジングをするようにしてください。

 

そして、日焼け止めなどを塗っているから大丈夫だと思うのではなく、外出をするときには直接肌に日光が当たらないように対策をしていくことも大切です。