ビタミンC誘導体の効果とおすすめ化粧水ランキング!ニキビ・シミに良い

ビタミンC誘導体の効果は?おすすめ化粧水ランキングはこちら!!ニキビやシミに良い


ニキビ・シミのない肌なりたい!そんなとき有効な成分に、ビタミンC誘導体があります。優れたビタミンCのチカラはそのままに、改良を加えて安定化させた成分。

 

・抗炎症作用
・抗酸化作用
・新陳代謝の促進
・メラニン還元作用(シミを薄くする)
・皮脂分泌コントロール

 

などの効果があります。進化型ビタミンC誘導体のAPPS(アプレシエ)は、機能性が高く、従来の約100倍の浸透力があります。ビタミンC誘導体配合の化粧水を選ぶときは、一緒に配合されている成分に注目することがポイント!当サイトでは、ニキビやシミが気になる方におすすめの、化粧水をご紹介しています。

 

サイクルプラスの特徴

サイクルプラスは、APPSとビタミンE誘導体で、ワントーン明るい肌へ導く化粧水です。浸透性が高いけれど変質しやすいAPPSの欠点を、使う始める直前に混ぜる2剤式にすることで解決。さらに1ヶ月使い切りタイプで、APPSを一番よい状態でお肌に届けます。ビタミンE誘導体により、メラニン還元などの働きをUP。5種のヒアルロン酸、6種の美容保湿成分プラスで、ハリ感のある明るい肌に。APPSのメラニン還元効果を実感したい方に、おすすめの化粧水です。

価格 2,800円
評価 評価5
備考 肌トラブルにハリと潤い

 

プリモディーネの特徴

プリモディーネは、ビタミンC誘導体とAPPSで、肌トラブルから助けてくれる化粧水です。ビタミンC誘導体の、新陳代謝の促進、メラニン還元作用、皮脂分泌コントロールによりニキビを防ぎます。さらに浸透性の高いAPPSをプラスすることで、成分を肌の奥へ。コラーゲンの合成を促進して、ニキビ跡の修復効果も期待できます。イオン導入器をお使いの方にもおすすめの化粧水です。

価格 1,000円
評価 評価4
備考 ツルすべ美肌

 

アスタリフトホワイトの特徴

アスタリフトホワイトは、ビタミンC誘導体を配合した美白化粧水です。独自成分ナノAMAと美白成分がメラニンに効果的。美白成分であるビタミンC誘導体を、シミの元へ届けるためにナノ化しています。また、独自技術により届けた成分を効率よく働かせることにも成功。もちろん、アスタリフトシリーズの主成分も配合しています。シミも保湿も気になる方におすすめです。

価格 1,000円
評価 評価3
備考 美白ケア

 

ビタミンC誘導体、APPSって?

 

1990年代の美白ブームに優れた美白成分として注目されていたのがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体には水溶性と油溶性のものがあります。さらに水溶性と油溶性両方を兼ね備えているものがありそれは進化型ビタミンC誘導体であるAPPSです。

 

APPAはアプレシエと言ってリン酸型ビタミンC誘導体にパルチミン酸を加えたもので通常のビタミンC誘導体に比べると機能性が高いという特徴があります。ホームエステでは美顔器を使ってビタミンC誘導体の浸透を高めるケアの人気がありました。

 

APPSは塗るだけで高い浸透力を持つので従来からのビタミンC誘導体と比べると約100倍もの浸透力があります。真皮には肌の弾力を支える働きをするコラーゲンが存在しますがこのコラーゲンは年齢を重ねるごとに生成能力は低下します。

 

APPSはコラーゲンの生成に働きかけコラーゲンが生成されることでビタミンCが促進する性質があります。このAPPSはシワやたるみなどお肌のトラブルで悩むとされる問題を改善してくれる効果があります。

 

APPSはさらに水や油にも親和性があり色々な化粧品に配合することができるという特徴があります。比較的に肌への刺激も低いのでお肌に優しいですがAPPSは安全性に優れている訳ではありません。

 

原材料は粉末状なので直射日光や水や空気により劣化しやすいという欠点があります。原料の価格も高価なので化粧品にたっぷり配合されることも難しくなります。保管方法は冷蔵で行うことをおすすめします。

 

ビタミンC誘導体の効果とは

 

ビタミンC誘導体は優れた美白成分として人気があります。1980年代の半ばぐらいから国内で本格的に使用されるようになり美白成分としての歴史も長く効果も認められている成分です。

 

安全性は元々良い訳ではなく悪かったので化粧品の配合が難しいという欠点がありましたがビタミンCを誘導体化することで酸化しにくい安全型に変化しました。ビタミンCには活性酸素を抑える抗酸化作用やメラニンを還元する作用、コラーゲンの生成促進、新陳代謝を促す作用など様々な美肌効果があります。

 

ビタミンC誘導体には種類があります。それは水溶性、油溶性、両方を持つ性質があります。水溶性は主にリン酸アスコルビルMgマグネシウムに成分で原料は粉末です。

 

クリームや化粧水などに多く配合されていて濃度が高くなると沈殿が起こりやすくなります。生体内のホスファターゼの酸素によりビタミンCに転換されます。油溶性は主にテトラヘキシルデカン酸アスコルビルという成分でアスコルビン酸イソパルミテートやイソパルミチン酸アスコルビルとも呼ばれています。

 

クリームなどの油分を含む化粧品に多く配合されています。両方の性質を持つのがアスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸という成分でAPPSアプレシエと呼ばれる進化型のビタミンC誘導体になります。この進化型ビタミンC誘導体は浸透力がとても優れています。

 

このようにビタミンC誘導体にも様々な種類がありますがビタミンC誘導体は皮脂の分泌をコントロールする働きがあるので乾燥肌の方だと皮脂分泌量が減るとさらに乾燥し敏感肌になってしまいます。そのためビタミンC誘導体配合の化粧品を使う時は肌のコンディションを見ながら高濃度のものを使う時はパッチテストを行うことが大切です。

 

ビタミンC誘導体配合化粧品の選び方

 

ビタミンCはコラーゲン生成の促進、メラニンの還元作用、抗酸化作用などお肌にとって様々な美肌効果を発揮します。ビタミンCは古くから肌にいいと言われている成分で注目を浴びていましたが酸化しやすいとう欠点により化粧品に配合されるのは難しいとされてきました。

 

この欠点によりビタミンCに他の分子を結合させることで安定させたものがビタミンC誘導体になります。ビタミンC誘導体は化粧品の安定だけではなく、肌に浸透しやすくなる効果もあります。ビタミンC誘導体は肌に浸透した時に皮膚内に存在する酵素で分解されビタミンCとなって様々な美肌効果を発揮し健康的な肌へと導きます。

 

ビタミンC誘導体には水溶性、油溶性、水溶性・油溶性両方の特徴を持つものの3種類があり水溶性ビタミンC誘導体はすぐに肌に吸収され効果を発揮します。化粧品や美容液などに多く配合されているのが水溶性ビタミンC誘導体になります。

 

水溶性のビタミンCに油を足して油に溶けやすくしたものが油溶性ビタミンC誘導体になります。油溶性は水溶性と比べると即効性は低いですが、角質層への浸透力は高いので長い時間成分が留まり効果を発揮します。水とも油とも親和性が高いものとして進化型であるビタミンC誘導体APPSがあります。

 

APPS・アプレシエは他のビタミンC誘導体に比べると約100倍も浸透力が高いと言われています。従来のビタミンC誘導体ではイオン導入して肌の奥まで浸透させていましたがAPPSはイオン導入を行わなくても肌の奥まで十分に行き渡ります。ビタミンC誘導体を選ぶ時は濃度が高いほどいいわけではないという事を知っておくことです。

 

濃度が濃い方が少量の化粧品でもビタミンCを肌に浸透させられると思う方も多いと思いますが濃すぎると肌への刺激となり肌トラブルを起こす原因へと繋がってしまいます。そのためどんなビタミンC誘導体が配合されているか、自分の肌質はどうかを知ってから自分に合う化粧品を選ぶことが大切です。

 

ニキビ跡に効果的なのはハイドロキノン?ビタミンC誘導体?

 

ビタミンC誘導体とハイドロキノンどちらがニキビ跡に効果的なのでしょうか。まずはハイドロキノンについてご紹介致します。最近では美白成分として人気なハイドロキノンはアメリカでは元々美白にいいものとして当たり前の成分となっていました。日本では2000年頃から流通するようになりました。

 

ただハイドロキノンは美白効果が高く感じられますが酸化しやすい性質であります。製造上の困難や人により肌へ刺激がでることがあるため適切な濃度などの整備に時間がかかりました。現在では化粧品への配合が許可されているので一般的に流通し有名な美白成分となります。

 

ハイドロキノンはメラニン抑制作用やメラニン還元作用がありビタミンCと同じ作用があります。ビタミンC誘導体は抗酸化作用を活かし活性酸素を抑制します。その抑制作用によりメラニンの元となるタンパク質と活性酸素が結合することを妨げるメラニン色素を抑制します。

 

ハイドロキノンでは活性酸素にくっつかずメラニン色素の元となるタンパク質とくっついて活性酸素が結合するのを防ぐ働きによりメラニン色素を抑制することができます。ハイドロキノンはさらにメラニンの元となるタンパク質を生み出すメラノサイトという細胞自体の活動を抑える効果もあるのでビタミンC誘導体やアルブチンの美白成分と比べると抑制効果は100倍になります。

 

ハイドロキノンの特徴はメラニン色素抑制作用、メラニン色素還元作用となりますがビタミンC誘導体はメラニン色素抑制作用、メラニン色素還元作用、皮脂抑制作用、抗炎症作用、コラーゲンの生成補助などの働きがあります。

 

このように特徴から考えるとニキビ跡には基本的にビタミンC誘導体が効果的と言えます。ニキビ跡を消すとなると新たなニキビの抑制も大切になるので皮脂を抑えることも必要になります。ただ完治したニキビ跡に関しては黒っぽいシミのようになっているだけだとただのシミにもなるのでシミに特化したハイドロキノンが効果的と言えます。

 

ビタミンCとビタミンC誘導体

 

ビタミンCとビタミン誘導体はよく耳にする方も多いのではないでしょうか。特に日常生活の中で使用している化粧品の成分表示にはビタミンC誘導体と記載されたものも多いので目にしたことがある方も多いと思います。ではそのビタミンC誘導体とはビタミンCとどのような違いがあるのでしょうか。

 

ビタミンCとビタミンC誘導体は同じものなの?と思う方も多いと思います。ビタミンC誘導体って実は正式な成分名ではありません。ビタミンC誘導体は実際様々な成分が組み合わさってできた総称になります。肌にいいと言われる人気のビタミンCはシミを予防したりハリを良くする働きがありますがビタミンCにもメリットばかりではなく弱点があります。

 

ビタミンCの弱点はビタミンCそのものが肌への吸収がされにくいということです。空気に触れると酸化しやすく水に溶かすと活性を失い十分な効果を発揮できなくなります。このようなビタミンCの弱点を改善させたものがビタミンC誘導体になります。ビタミンC誘導体は簡単に言うとビタミンCが進化したもので肌への浸透力が優れています。

 

そのため肌の奥に浸透すると酸素の働きでビタミンCへ変化する特殊な成分である特徴を持ちます。こうすることでビタミンCの効果をより高め、発揮することができます。

 

ビタミンCが配合された化粧品よりビタミンC誘導体が配合された化粧品の方がシミの対策にも効果的です。最も効率よい摂り方として、販売されているサプリメントなどでビタミンCを取り、ビタミンC誘導体を使用した化粧品を並行して使用することでさらにシミ対策に効果的となります。

 

腕やワキにできやすいイボ

 

イボができやすい部位というのはいくつかありますが、腕やワキというのもイボが生じやすいところです。腕やワキといったところは、普段は目立つことはありませんが、季節によっては露出する部分でもあります。

 

この腕やワキの部分は皮膚が薄く、かつ衣類や様々な種類の刺激にさらされやすい部分でもあります。また、露出が増える季節になれば紫外線も気になるところです。

 

この部位にできるイボは、「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」という種類で、角質が毛穴に蓄積してできるものです。うつったりするウイルス性のイボと比較すると問題は少ないのですが、なかなか消えてくれないという意味では厄介なものです。また、手触りがよくなく、肌の雰囲気を悪く見せてしまいます。

 

角質の異常と考えることもできますが、毛孔が詰まることが直接の原因で、毛孔を中心に隆起するため、単にピーリングなどで角質を取り除いてもすぐには消えません。

 

肌へのダメージから異常が生じると考えられますから、紫外線や乾燥などの肌のトラブル要因を減らすことが大切です。日焼け対策やスキンケアをしっかりするだけでもこの毛孔性苔癬のリスクは下げることが可能です。おすすめないぼを取るおすすめのクリーム

 

病院などで処置をするよりも、しっかりとターンオーバーを整えて自然な形で角質を取り除いていくのが一番良い対策となります。普段から規則正しい生活を心がけ、食事や運動、睡眠をしっかりして体の新陳代謝を高めるようにしましょう。

 

更新履歴